デジタルセンドは、新聞・雑誌のオンライン送稿サービスを提供する会社です。

MENU

新聞サービスFAQ(制作/製版会社ユーザー向け)

該当の質問がございましたら、クリックください。
こちらのFAQで解決しない場合は、お手数ですが、お問い合わせから連絡ください。

運用について

データ破損及びデータの入れ違い等、障害時の責任所在はどう考えていますか?

データの破損については、チェック済みのデータにチェックサムを埋め込みそれをオンライン送稿システムでチェックすることで、同一性を保証しています。
また、原稿データの入れ違いにつきましては、従来の運用と同様送稿側(広告会社)の責任になります。

製版会社から広告会社へは、原稿ファイルをどのように送稿すればよいですか?

PDFフォーマットの原稿は「QuickPrint」でプリフライトした後、「PageStore」で広告会社にオンライン送稿します。
EPSフォーマットの原稿は「DS Checker 2008」でプリフライトした後、「EPSインポートツール」というソフトを使って原稿ファイルを「PageStore」に取り込み、オンライン送稿することが可能です。

使い方について

EPSデータの原稿は、オンライン送信可能ですか?

可能です。
「Ds Checker 2008」にてプリフライト済のデータを、専用のツール(EPSインポートツール)を介して「PageStore」に取り込みオンライン送信できます。

「QuickPrint」でプリフライト済みの原稿をオフライン書き出しすることは可能ですか?

可能です。
「QuickPrint」にてプリフライト済の原稿は、「PageStore」に取り込まれます。「PageStore」からオフライン書き出しすることができます。

同一内容で同サイズの原稿を複数の宛先にオンライン送信したいのですが、可能ですか?

可能です。
1つの原稿に複数宛先を紐づけてオンライン送信可能です。その場合は、「QuickPrint」のプリフライトは、1回で済みます。

オンライン送信済みの原稿を再送したいのですが、可能ですか?

可能です。
新聞の場合は、「PageStore」の宛先編集機能を使用して、送信済みの原稿データに新たに媒体情報を紐づけて、再送信可能です。

その他

「DS Checker 2008/QuickPrint」の操作に関する研修会はありますか?

現在のところ、特に開催の予定はありません。ご要望がありましたら個別にご相談ください。

デジタルセンド・クリエイティブ・パートナーズとは、何ですか?

「DS Checker 2008」や「Quick Print」をご購入いただいた製版会社で、検出された不具合データを修正することができるとデジタルセンドが認定した製版会社のことです。

新聞社のN-PDF対応状況について教えて欲しい。

一般社団法人 新聞協会のHPにて、最新の情報が公開されています。そちらをご覧ください。

新聞社のIllustratorCS/CS2のEPSの対応状況を教えて欲しい。

一般社団法人 新聞協会のHPにて、最新の情報が公開されています。そちらをご覧ください。

DS Checker 2008について

「DS Checker 2008」で原稿をチェックすると、どのくらい時間が掛かりますか?

原稿によって異なりますが、15MBの原稿をチェックするのに、約2分で処理できることを目標に開発しています。

「DS Checker 2008」のプリフライトのルールは何に基づいていますか?

「DS Checker 2008」のプリフライトルールは、日本新聞協会とJAAA(日本広告業協会)が制定しました新聞広告デジタル制作・送稿ガイドver1.5/2.0に基づいています。

QuickPrintについて

「QuickPrint」のプリフライトのルールは何に基づいていますか?

「QuickPrint」のプリフライトルールは、日本新聞協会とJAAA(日本広告業協会)が制定しましたN_PDF_ver_1.1新聞広告デジタル制作・送稿ガイドに基づいています。

「QuickPrint」で原稿内のTAC値について、規定範囲は何%ですか?

新聞のTAC値については、N-PDFの制作ルールに基づいて、241%未満を目安にエラー判定をしておりますが、運用上の利便性を加味して、エラー判定なしのチェック設定も準備しております。その際は、ユーザー自身にて目視確認にて判断をお願い致します。

Copyright © 株式会社 デジタルセンド All Rights Reserved.