デジタルセンドは、新聞・雑誌のオンライン送稿サービスを提供する会社です。

MENU

制作/製版会社

製版会社様向けシステム詳細

EPS原稿プリフライトチェックシステム

DS Checker

  • 販売は2012年末をもって終了いたしました。
  • サポートは2013年末をもって終了いたしました。

DS Checker 2008

  • EPSで制作された新聞広告原稿が、一般社団法人日本広告業協会、一般社団法人日本新聞協会発行のガイドラインに 準拠して制作されているか否かをチェックするソフトです。
  • 販売は2017年9月末をもって終了いたしました。サポート等、詳細は、こちらをご覧ください。

PDF原稿チェック&オンライン送稿対応ソフト

QuickPrint/PageStoreについて

QuickPrint(QP)とは

PDFで制作された新聞広告原稿が、一般社団法人日本広告業協会、一般社団法人日本新聞協会発行の制作ガイドライン「N-PDF ver.1.1」に準拠して制作されているか否かをチェックするソフトです。

PageStore(PS)とは

QuickPrintでチェックされたPDF原稿、DS Checker 2008でチェックされたEPS原稿の送稿管理を行うソフトです。PageStoreを導入することで、デジタルセンドシステム導入広告会社にオンラインで原稿を送稿することが可能になります。

提供形態に関して

QuickPrintとPageStoreのセットで、ソフトウェア提供となります。必要なハードウエアは、ユーザー様にてご用意頂く必要があります。

新規導入費用と利用料金

基本料金プラン
料金プラン初期費用
(税別)
月額基本料金
(税別)
QP利用料(税別)
/1ファイル当たり
PS利用料(税別)
/1宛先当たり
スーパーヘビー①6,500,000円85,000円0円0円(★)
スーパーヘビー②200,000円200,000円0円0円(★)
従量課金200,000円20,000円4,000円0円(★)
  • DS Checker 2008 ご利用のユーザー様は、EPS 原稿の送稿も可能となります。
  • (★)N-PDF原稿については、2015年4月1日のご利用分から、EPS原稿については、2017年1月1日のご利用分からPageStore利用料が「無料」となりました。

動作環境

 QuickPrint(mac)PageStore(mac)
OSMacOS 10.6,10.7,10.9(全て日本語)
CPU最低:2GHz Core Duo 以上
メモリー最低:1Gバイト以上
推奨:3Gバイト以上
ハードディスク最低:5Gバイト以上の空き容量
推奨:40Gバイト以上の空き容量
ハードディスク共有フォルダ他端末とファイル共有する場合は必要
画面サイズ最低:1280×1024 以上
LANインタフェース最低:100Mbps以上
インターネット回線FFTH(光回線)
ADSL
CATVインターネット
ネットワーク(ポート番号)
※対Internet
HTTP(TCP 80)
HTTPS/SSLポート(TCP 443)
HTTP(TCP 80)
HTTPS/SSLポート(TCP 443)
SSHポート(TCP 22)
ご参考
利用ポート用途
HTTP(80)Webページへの接続
HTTPS/SSL(443)媒体情報の取得/Webページへの接続
SSH(22)認証/セキュア通信
  • 空きハードディスク容量は、運用する原稿量により変動する場合があります。
  • QPとPSの動作端末が異なる場合や、PSサーバーを導入する場合は、各端末間でファイル共有プロトコル(samba/CIFS)でのアクセスが必要となります。
  • 導入時に、当社指定の環境調査票にご記入の上、ご提出をお願い致します。
Copyright © 株式会社 デジタルセンド All Rights Reserved.